10/06/2007

ラパスの宿

最近、南米ボリビアの首都ラパスにある日本人宿サンタクルスが閉鎖されたようです。
結構いい雰囲気だったので残念です。
玄関の暗闇で首絞め強盗が待ち伏せしていたり、標高3800Mにありながらシャワーがぬるくて、おまけに浴びてる時に蛇口に触ると感電する(ぼろい電気シャワーなのだ)など、問題はいっぱいありましたが。

情報ノートなどは他の宿に移ったようです。

合掌・・・
コメントを投稿